シロガネ山のふもと

感想・ポケモンブログ

野口 敏「マンガでわかる!誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方」感想

野口 敏さんの著書「誰とでも 15分以上 会話が途切れい! 話し方66のルール」からエピソードを厳選し、新たに酒井だんごむしさん(シナリオ)、makiさん(作画)によるマンガを交えて解説、という本になっています。

僕はその本を存じ上げなかったのですが、再編集されるというだけあって実用性があり、人気も窺える本でした。

 

会話好きなカフェ店長の野田ヒトミさんが、

逆に会話に自信のない新人サラリーマン、竹本サトシ君、

企画リーダー職に就いたばかりで戸惑いの多い日比谷ルミさんをお客さんに、会話のレッスンをしていく、という一貫したストーリーになります。

 

設定だけ見るとビジネスライクな香りがしてしまいますが、日常的な会話にもそのまま使える内容です。

しっかりしたコミュニケーションを意識するのって、会う人会う人が大切になってくる社会人以降の方が多いのではないかなと感じますし、増してプライベートでの新たな出会いも減ってきますから、この設定はマッチしていると思います。

 

基本的にはマンガ内でレッスン→文章で補足といった流れになります。

まずマンガの登場人物が会話に悩んでるのを見て、自分のエピソードが思い起こされるわけですね。例えば、頑張って話掛けても会話が続かない、相手の反応が薄い、なんていうのは、誰にでも経験があることだと思います。

そしてヒトミさんのレッスンをサトシ君、ルミさんと一緒に受けることで、なるほどあの時そうすることで、また会話が広がっていたかも、距離が近づいていたかも、と思えるわけです。

更に文章パートを読み、じゃあ次からは相手の一面を見て質問を投げかけてみようか、相手の方が話出せる状況を作ってみようかとなるわけです。

 

これを全て文章で表現しようとすると、例えば~とか、筆者のエピソードがずらずらと並べられることになるでしょう(オリジナルを読んでいないのでやや恐縮な推測ですが)。

文字だけだと、どうしても具体例もちゃんと覚えなきゃとなってしまうので、パッと頭の片隅に置いておけるマンガ形式は嬉しいものです。

 

文章も簡潔ではっきり明快としており、文章パート内にもイラストが差してあるので、マンガを見た後からあまり脳の切り替えが必要ないと感じました。

 

本全体を見るとマンガ、イラストの方が多くページを占めています。

総じて、繰り返し読み取りやすい作りになっていると言えるでしょう。

やはり会話というのは、計算ずくでどうなるものでは ありませんからね。細かいニュアンスは、自分で経験しながら学んでいくことになるでしょう。

 

 

ここからは僕のスタンスの話になります。

僕は、会話が好きな方です。特に、人の話を聞くのが好きなのです。それは、どこどこに旅行に行った、仕事のグチといったような普段の会話から、芸人のトーク、小説家や脚本家の方の講演会といったようなものまでジャンルを絞りません。

その人の一面を知れたのが楽しいんですね。エピソードだったり、ちょっとした冗談でも、一つ一つの反応がその人を語っているというか。

これは本にも、歌詞なんかにも同じ楽しさがあると思っています。

同じく人となりが出てくるものですから。

そういった中で、この人を知りたいと思えるような出会いがあっても、よく話してくれる人、余り話したくない人様々です。

勿論、無理に話させるわけではありませんが、よりその人を引き出せたら、そんなに嬉しいことはないでしょう。

 

また、逆に自分の話をするのは少し苦手です。他の人と違ったことをしているわけではないのですが、何故か自分の話なんかしても興味ないだろう、つまらないだろうと思えてきてしまうのです。自分に自信がないのでしょうか、意思表示が下手なのです。

そんな中でこの本に、「自分の気持を少しプラスして発言してみる」という項があります。

例えばカフェや美容院ってどことなく緊張してしまうとか、自分の気持ちをさらけ出してしまうということです。

そうすることで、相手も気持ちをオープンにしてくれやすくなるそうです。

言われてみれば、なるほど相手の気持ちを引き出したいというのに、こちらの気持ちは鍵を掛けたままというのであれば、不公平だし距離もできてしまうというもの。

上記のカフェに緊張してしまうというのも、自分から言うのは少し恥ずかしいような気もしますが、相手から同じようなことを言われたときを想像すると、引くどころか心から「わかるわかる!」となってしまう気がします。

 

この項を読んでから、自分の気持ちをちょっと言うのに抵抗あること(恥ずかしいこと、愚痴など)でも、素直な気持ちでもさらけ出してみるようにしました。

自分の気持ちを受け入れてくれることで、相手との距離感が縮まって、リラックスした状態というか、凄くナチュラルな気持ちで会話できるようになった気がします。

自分に対する自信すら付いた気がしています。

 

このように、この本を取る方であれば、パラパラ読める作りであっても、どこかに深く引っかかる状況、エピソードがあるのではないかと思います。

そして学びながら会話が楽しくなっていくと思います。

 

会話のノウハウ本を買うのは初めてでしたが、これからも何度か読み返されては僕の力になってくれることと思います。

 

以上、野口 敏「マンガでわかる!誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方」感想でした。

ポケモンSM WCSレート ビビリだまミロカロス

使用率ランキング1位のウインディに強いコマ。

威嚇ポケモンと同時に対面することが条件になるものの、勝ち気+ビビリだまの発動により、C+2、S+1(単位:段階)といった状態で参加できる。

 

ウインディというポケモンは威嚇、一撃で落とし辛い耐久、速めのSを兼ね備えており、ともすると処理にまごついてしまうことが多々ある。

対して数値の高い水ポケモンウインディより遅く、余りSに振らないことも多いので、削れた状態だと鉢巻ワイルドボルトやZ技の餌食になりかねない。

そんな強くて数の多いウインディ君を、ある程度の耐久を確保しつつ、上から一撃で落とせる(場面を作り出せる)点が魅力。

 

勿論威嚇なしでは何の意味もない汎用性の低い型である上、相手PTにウインディがいても選出されるかは確実ではないので、

・こいつと威嚇ポケモンウインディボーマンダetc)と並べることで、相手の威嚇を牽制しつつ、こちらだけ物理耐久の底上げを上手く狙う

ウインディを誘うようなポケモン(カミツルギ、ベトベトンといった早めに処理したいポケモン、また処理に時間が掛かるので威嚇を入れておきたいポケモン)を控えさせる

 

というような工夫が自然にされているようなPTでなくてはならない。

 もしくは、結果的にそうなった場合にこいつの出番が来る。

 

では詳細。

f:id:luckystpo:20170130155012p:plain

ミロカロス@ビビリだま 控えめ 勝ち気

熱湯/冷凍ビーム/めざめるパワー草/守る

個体値:31-x-31-30-31-31(めざ草)

実数値:202-x-109-143-145-114

努力値:H252 B76 C80 S100

H-B:ガブの地震ジメンZ耐え(~201ダメ)、ウインディの鉢巻ワイボ耐え(~198ダメ)

C:D4振りガブリアスを冷凍ビームで落とせるライン、11n

S:+1段階でガブリアス抜き

 

冒頭であれだけウインディウインディ言っておきながら、肝心の調整はガブリアス君の文字が多くなってしまった。

ガブ君も数が多いので仕方ない。

 

C+2熱湯の火力はH振りベトベトンに5~6割といったぐらい。

3割とはいえ火傷も考慮すれば、いいダメージ出るじゃんといったところ。

 

めざ草は対トリトドン用。というより他に採用する技がない。

 

見ての通り半端な型ではあるのだが、対象の数こそ多いもの、狭いメタに寄った育成の結果なのでこれでよし。その分ウインディボーマンダが出てきたときは楽しく運用できる。

やはり誘い込みが肝。 

平山夢明「恐怖全集 怪奇心霊編①②」 感想

作者の平山夢明(当時:デルモンテ平山)さんが、方方の人に聞いて回った怖い体験談を、筆に起こしてまとめた本です。

表題の「怪奇心霊編」だけでも全6冊あるらしいのですが、前期として①②巻の感想をばと。

 

1冊に50超の怪談が収録されていて、シチュエーションもバラバラ。

自宅だったり、引越し先だったり、旅行先だったり、何の変哲もない帰り道もあり…。

心霊っていうのはどこにでも有り得るんだってことが追体験でわかります。

 

ちなみに僕が一番好きな話は2巻最後の「お願い変わって」です。

ネタバレはしたくないので話の詳細は書きませんが、心霊的な怖さ以外にも話の妙があるのです。

今数えてみたら4Pしかない話で、収録されている中でも最短クラスなのですが、衝撃度は最高でした。

心霊に悩まされる原因が、後から書かれるパターンはとても怖いです。何故この幽霊が体験者の近くに出てきたのか。

その理由がわかると、途端に、それまではもやもやとしていた幽霊の輪郭がはっきりして、恐ろしく見えてきます。

幽霊というチカラが人間味を帯びてくると言えます。

 

読んでいるときは50超の心霊怪談集ではあるのですが、こうして1つの話を振り返ってからパラパラと見返してみると、

文のテイストにも話に寄って違いのあるのがわかります。

勿論、「集まった怪談を読者に伝える」がコンセプトですから、基本的には淡々としたものではありますが。

大きな違いとしては平山さん自身、もしくは平山さんの主観が出て来るものでしょうか。

「多分、~で」といった主観によるフレーズ一つ加わったことで恐怖や想像が膨らむものもあれば、

話を提供してくれた人に対してオッチョコチョイだなどと書くところから始まり、箸休めのように笑わせにきている話もありました。

膨大の量の話を聞き集めて厳選するだけでも一苦労でしょうに、伝え方も工夫されているのがよくわかります。

これを全6巻とは物凄いです。そりゃ自宅で心霊現象も起きるってもんです。

 

読みやすいけど読み応えのある本です。

 

また、読後も恐怖が尾を引きます。何だかどこにでも幽霊が居て、自分を見ているような、怖がっていることも見抜かれているような気分になります。

これは、やや個人的な感覚かとは思いますが、1編ものの長編ホラー映画や漫画小説ではこうはなりません。

やはり一度に沢山、かつ様々な怪談を追体験するという、怪談集というものならではの特性でしょう。

読んだ後、全ての話は思い出せなくとも、色々な場所で幽霊に出会ったという感覚は残るのです。

 

 

今では幽霊の実在に対して否定的になってしまっている僕ですが、それでも怖いなという気持ちは子供の頃から変わりません。

90年代の企画ということも手伝っているかも知れませんが、怪談集というものそのものに懐かしいイメージがあります。(93年生まれ)

怪談に恐怖する気持ちと、またその恐怖を楽しむ機会が現在もあるというのは嬉しいことです。

 

以上、平山夢明「恐怖全集 怪奇心霊編①②」感想でした。

 

 

 

 

はじめまして&当ブログについて

はじめましてラキストと申します。

 

何となくブログ開設してみました。

内容は何かの感想やポケモンといった、ジャンルを特に絞らないものになります。

 

ぼちぼちと頑張ります!